30代になるとお肌に大きな変化が!?知っておきたいアラサー世代の3つのスキンケア対策!

皆さん、みーです。

30代になっても20代の時と同じ基礎化粧品を使っていませんか?

少しずつ肌の変化がみられるようになる30代。20代と同じ基礎化粧品を使っていては、お肌の老化は進んでしまいます。

30代の基礎化粧品はどんなことに気を付けて選ぶといいのでしょうか? 30代の基礎化粧品の選び方をご紹介していきます。

お肌の変化があらわれるようになる30代

30代になると、さまざまな肌の変化がみられるようになります。30代で感じることの多い肌の変化には次のようなものがあります。

30代が感じる肌の変化

  • メイクのノリが20代と比べて悪くなった
  • 肌が乾燥しやすくなった
  • 目元のシワが気になりだした
  • うっすらとしたシミができている
  • なんだか肌が疲れて見えるようになってきた

肌の乾燥やシミやシワ、ほうれい線などのエイジングサインがみられるようになるのが30代です。なんだか肌がくすんで「疲れてる?」なんて聞かれることも増えてくる時期でもあります。

20代の時の肌とは違うので、20代と同じ基礎化粧品を使っても同じような効果を感じることはできません。30代に合わせたものを選ぶ必要があります。

30代の基礎化粧品の選び方とは? 20代とどう違う?

30代になると20代の頃とは肌質が変わってしまうことも。オイリー肌だった人が混合肌になったり、乾燥肌だった人が敏感肌になったり、という風に肌質が変化することはよくある話です。なので、自分の肌質がどのタイプなのか、再度確認してみましょう。

自分の肌質をチェックする方法
洗顔後、肌に何もつけない状態で10分程度放置しましょう。その後、肌の状態を見て自分の肌質を判断しましょう。

・肌がつっぱる→乾燥肌
・Tゾーンのみテカる→混合肌
・とくに変化なし→普通肌
・全体的にテカテカしてる→オイリー肌

自分の肌質がどのタイプなのか分かったら、その肌質に合った基礎化粧品をそろえていくようにしましょう。

乾燥肌は保湿とアンチエイジング重視

乾燥肌の場合は、保湿重視の基礎化粧品を選びましょう。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、ライスパワーなどの成分は保湿力が優れているので、これらの成分が入った基礎化粧品を選ぶのがおすすめです。

また、30代からは必ず美容液を使用するようにしてください。保湿効果の高い美容液を使うと肌のしっとり感が持続しますし、シワなどもできにくくなります。アンチエイジング効果のある美容液も保湿力が高いのでおすすめです。

混合肌は保水重視

混合肌の人に多いのがお肌の水分不足。なので、基礎化粧品は化粧水選びにこだわるのがおすすめです。

人気のとろみのある化粧水は肌がうるおうイメージがあるものの、モノによっては肌に浸透しにくいものもあります。いくつかサンプルを使ってみて肌の水分が保持できると感じる化粧水を選ぶようにしましょう。

普通肌はアンチエイジング対策をスタート

今のところ肌の変化はよく分からないという普通肌の人は、30代に入ったらアンチエイジング対策をスタートさせましょう。

アンチエイジング対策用の基礎化粧品をライン使いするのがおすすめです。高級なものよりも経済的に負担のないものを選ぶのが長く続けるコツです。

オイリー肌は毛穴対策を

オイリー肌の人は放っておくと毛穴が徐々に開いたり、毛穴が黒ずんだり、といったトラブルがみられるようになります。なので、30代に入ったら毛穴対策をスタートさせるようにおすすめします。

毛穴の開きにはビタミンCがいいので、ビタミンC誘導体などが入った化粧水や美容液などを使用して毛穴の開きを予防しましょう。

30代の美肌をつくる3つのスキンケア

ここからは30代におすすめしたいスキンケアのコツをご紹介します。

どれもいつものスキンケアにひと工夫するだけ。簡単なのでぜひ取り入れてみてくださいね!

30代のスキンケアのコツ
コツ①:洗顔は38℃のお湯&たっぷり泡
コツ②:30代こそシミ・美白ケアをプラス
コツ③:ケチらず適量&優しくハンドプレス

コツ①:洗顔は38℃のお湯&たっぷり泡

きちんと保湿しているのにカサつく…そんな30代の乾燥は「洗顔」で対策しましょう。具体的なポイントはこちら。

お湯の温度は38℃…40℃より熱いと必要な皮脂まで奪う
たっぷり泡立てる…手で擦らないよう優しく

これらを念頭に、お肌のうるおいを守る洗顔方法を実践してみてくださいね!

おすすめの洗顔方法

洗顔後にタオルで拭くときもゴシゴシこするのはNG!優しくポンポンと水気を取りましょう。

ちなみに泡立ての目安はレモン1個分ほど。

100円ショップなどで買える泡立てネットを使うと簡単にですよ!

ごわごわして透明感がない…と感じたら週1回ほど「酵素洗顔・ピーリング石鹸」に替えるのもありです。

古い角質をオフし、くすみケアや化粧ノリのアップが期待できます。ただ乾燥しやすいためやりすぎはNGです。

コツ②:30代こそシミ・美白ケアをプラス

乾燥対策と同じくらい30代から力を入れたいのが美白ケアです。

30代前半では、10代20代の紫外線・摩擦ダメージがシミ・そばかすとして表面化してきます。30代後半では、女性ホルモンの減少から肝斑(広範囲のシミ)ができるようになってきます。

ぜひいつものケアに、美白成分配合の化粧品をプラスしてみてくださいね!

美白有効成分の例

・トラネキサム酸
・アルブチン
・カモミラET
・プラセンタエキス
・4MSK
・ビタミンC誘導体 など

もし成分名で選ぶのが難しければ、

パッケージに「美白」
商品名に「薬用(医薬部外品)」と書いてあるものを選ぶのがおすすめですよ。

「美白」表記は美白有効成分が配合されたアイテムにのみ許可されています。わかりやすい目印になりますよ。

一方で「ホワイト」など美白できそうな商品名でも、美白・薬用・医薬部外品がなければ美白成分は入っていません。注意しましょう。

中でもビタミンC誘導体は、今あるシミ&シミ予防ができるおすすめ美白成分です。また肌の引き締め・保湿効果もあり、毛穴やハリ不足を始め30代の肌悩みの多くに働きかけてくれますよ!

コツ③:ケチらず適量&優しくハンドプレス

奮発して高い化粧品を購入しても、次のようなNGスキンケアでは十分な効果が得られないことも。

× 1回の量が少ない(適量じゃない)
× 肌をパチパチ叩く

エイジングケアを考え始める時期だからこそ、理想の保湿方法を確認しておきましょう。

保湿アイテムの使い方

適量はメーカーごとに異なりますが、化粧水は500円玉大・乳液は100円玉大が目安ですよ。


▲左が化粧水、右が乳液の適量

また、忙しい朝はアイテムを次々重ねがち。お肌になじんでから次を使うだけでスキンケア効果は変わります。

混合肌さんの中でも、洗顔後に鼻・額がカサつくようなら潤い不足で皮脂が出る「インナードライ」かも知れません。

余分な皮脂をオフしてから化粧水+乳液でしっかりと保湿してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA